大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

遺留分とは何ですか?

遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹を除く相続人が、法律上取得することを保障されている相続財産の一定割合のことです。
亡き夫は遺言や生前贈与により財産を自由に処分できますが、その結果、妻の遺留分が侵害された場合、妻は取り返すことができるということです。
遺留分の割合
・子供だけが相続人 2分の1
・子供と配偶者が相続人 2分の1
・直系尊属(父母、祖父母など)だけが相続人 3分の1
・直系尊属と配偶者だけが相続人 2分の1
・配偶者のみが相続人 2分の1
・配偶者と兄弟姉妹が相続人 配偶者についてのみ2分の1
例1 妻と子供が相続人となる場合、妻の相続分は2分の1ですが、その2分の1、つまり4分の1は妻の遺留分として保障されます。
例2 子供2人と妻が相続人である場合、子供の法定相続分は4分の1ですが、その2分の1が遺留分割合ですので、子供の遺留分は8分の1となります。
遺留分を侵害された者が遺留分を取り戻す場合、遺留分減殺請求権を行使する必要があります。
また、減殺すべき遺贈または贈与があったことを知ったときから1年または相続開始のときから10年以内に請求しないと、時効により遺留分減殺請求権は消滅します。

Posted in: 遺言


コメントは停止中です。

このページの上へ