大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

遺言書を自分で作るときに気をつけることは?

自筆証書遺言書の要件は、「遺言書全文の自書」「日付の記載」「氏名の記載」「押印」となっています。
「遺言書全文の自書」について
自書となっていますから、ワープロでの作成や、録音、録画も認められません。病気などで自書できない場合は、公正証書遺言を作成することになります。
「日付の記載」について
日付は複数の遺言書があった場合、優先関係を判断するために非常に重要です。ですから、「吉日」といったものでは認められず、「○○歳の誕生日」は有効とされます。
「氏名の記載」について
戸籍上の氏名が確実ですが、旧姓や通称でも有効です。
「押印」について
実印でもその他の印鑑でも効力に違いはありません。
遺言書が複数枚になった場合、差し替えを防ぐために契印をすると安全です。

Posted in: 遺言


コメントは停止中です。

このページの上へ