大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

どうなる?妊娠中に離婚した場合の子供の戸籍・親権は?

結婚している間に妊娠した子供は夫の子供と推定されます。また、離婚から300日以内に生まれた子供は結婚している間に妊娠したものと推定されますので、あなたが女性であれば、生まれた子供はあなたと元夫との間の嫡出子として扱われることになります。

 

あなたが離婚の際、夫の戸籍から抜けたとしても子供は夫の戸籍に入ることになります。

 

子供を元夫の戸籍からあなたの戸籍に移すには、家庭裁判所に子の氏の変更許可の審判を申し立て、許可を得る必要があります。

 

では、離婚後に生まれた子供の親権者はどうなるでしょう?

子供が生まれる前に両親が離婚した場合、母親が親権者になりますが、父母が協議して、父を親権者とすることも可能です。

 

当事者が協議しても、合意に至らない場合には、家庭裁判所に親権者を指定するよう審判の請求が可能です。

 

大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成は行政書士岡澤綜合法務事務所

 


ブログ記事が気に入ったら投票お願いします↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

投稿日: 作成者: 岡澤

コメントは停止中です。

あなたの気持ちを前向きにサポートいたします

離婚や相続、遺言書など面倒な問題を抱えていませんか。こまごまとした書類作成をサポートすることにより、あなたの権利を守り、争いを未然に防ぎます。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員ですので、相続財産や様々な手続きについても安心してご相談ください。
メール相談は無料となっております。
お気軽にご相談ください。
このページの上へ