大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

在留資格「日本人の配偶者等」の離婚について

日本人の配偶者を持つ外国人が離婚を考える際に、在留資格が問題となることが多いのですが、先日も日本人の男性から外国人である妻との離婚についての相談があり、「離婚が成立した場合、妻の在留資格はどうなるのでしょう?このまま妻は日本に残れるのでしょうか?」と相談者は外国人である妻の離婚後について気に掛けている様子でした。離婚届外国人配偶者の在留資格としては「日本人の配偶者等」「永住者」「永住者の配偶者等」「定住者」などがありますが、今回の相談者の妻は「日本人の配偶者等」の在留資格をお持ちだそうです。

今回のように「日本人の配偶者等」の在留期間中に離婚をする場合、離婚が成立することにより日本人の配偶者である実態が失われることになるので、「日本人の配偶者等」の在留資格のままでの在留はできなくなります。

ですから、離婚後も日本に住み続けるのか?他の在留資格に変更が可能なのか?などについて十分に考慮する必要があります。

 

「日本人の配偶者等」→「永住者」への在留資格の変更

多くの人の場合「日本人の配偶者等」から「永住者」へ在留資格の変更を望みますが、これには要件があります。

日本人の配偶者については、婚姻後3年以上の在留、又は海外において婚姻・同居歴のある場合は、婚姻後3年が経過し、そのうえ日本国内で1年以上の在留。これが要件です。

今回の相談者夫婦のケースでは結婚後5年以上日本で生活されていますし、離婚後も生計を立てて生活の目途が立ちそうなので「永住者」への在留資格の変更が認められる可能性が大きいと思われます。

 

また、「日本人の配偶者等」→「永住者」への要件が満たされない場合でも、お子さんが居られるのなら「日本人の配偶者等」→「定住者」への資格変更が可能な場合もありますので「日本人の配偶者等」の在留資格をお持ちで、離婚についてお悩みの方は一度ご相談下さい。

 

多くの外国人は離婚後も日本での生活を望みます。離婚が成立した後に在留資格の変更が認められないなどという最悪のケースもあり得ますし、そのようなことは防がなくてはなりません。

 

大阪の離婚相談・遺言作成・相続手続きは行政書士岡澤綜合法務事務所

 


ブログ記事が気に入ったら投票お願いします↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

投稿日: 作成者: 岡澤

コメントは停止中です。

あなたの気持ちを前向きにサポートいたします

離婚や相続、遺言書など面倒な問題を抱えていませんか。こまごまとした書類作成をサポートすることにより、あなたの権利を守り、争いを未然に防ぎます。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員ですので、相続財産や様々な手続きについても安心してご相談ください。
メール相談は無料となっております。
お気軽にご相談ください。
このページの上へ