大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

離婚と再婚と相続と遺言

前配偶者との間に子どもがいるケースでは、その子どもには父母双方の相続権が認められています。「俺には親権が無いから、子どもには相続権がない」と勘違いされている方がおられますが、相続権と親権は無関係です。

 

先日もメールで相談を頂いたのですが、「主人が再婚で前妻との間に子どもがいるのですが、主人は親権を得ていないから前妻との間の子どもには相続権がないといいます。本当でしょうか?」と言った内容でした。

 

前の配偶者との間に子どもがいるケースでは、今の配偶者との間の子どもと同じ割合の相続権が発生します。先ほども述べましたが親権の有無と相続権は無関係です。

 

相談者は「相続権を前妻との間の子どもには与えたくない」とおっしゃいましたが、前妻との間の子どもにも遺留分があります。ですから、遺留分を主張された場合、相続財産を渡さないということは出来ません。これは遺言で「全ての財産を今の妻とその間の子どもに残す」としたところで遺留分を主張されれば結果は同じです。

しかし、遺言を残すことによって、やはり故人の遺志を尊重して、遺言に従い遺留分を主張しないこともあります。

 

子どものある配偶者と再婚されている方や、相続時にトラブルが予想される方は遺言の作成など相続が争族にならないように、その対処法を一度考えてみては如何でしょうか。

 

ドラマのような話ですが、実際に相続が発生して相続人を確定するための手続き中に前配偶者との間の子どもが名乗りを上げたこともありました。

 

相続が争族に…

 

大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成は行政書士岡澤綜合法務事務所

 

 


ブログ記事が気に入ったら投票お願いします↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

投稿日: 作成者: 岡澤

コメントは停止中です。

あなたの気持ちを前向きにサポートいたします

離婚や相続、遺言書など面倒な問題を抱えていませんか。こまごまとした書類作成をサポートすることにより、あなたの権利を守り、争いを未然に防ぎます。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員ですので、相続財産や様々な手続きについても安心してご相談ください。
メール相談は無料となっております。
お気軽にご相談ください。
このページの上へ