大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

失踪宣告(死亡以外で相続発生!?)

相続は、死亡によって開始する。(民法第882条)

 

これは、実際に死亡した場合だけではなく、失踪宣告認定死亡などによって死亡したとみなされる場合も含みます。

 

失踪宣告:普通失踪と特別失踪とがあります。

 

普通失踪:不在者の生死が7年間あきらかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができる。(民法第30条)とあり、最後に生存が確認できた時から7年経過後に死亡したとみなされ、相続が開始します。

 

特別失踪:戦地に臨んだ者、沈没した船舶の中に在った者その他死亡の原因となるべき危難に遭遇した者の生死が、それぞれ、戦争が止んだ後、船舶が沈没した後又はその他の危難が去った後1年間明らかでなときも、前項と同様とする。(民法第30条2項)とあり、この場合は、危難が去った時に死亡したとみなされ、相続が開始します。

 

失踪宣告は家庭裁判所に対して、その申し立てを行います。申し立てができるのは、不在者の配偶者や相続人、財産管理人などの法律上の利害関係者です。

 

認定死亡:災害などで死亡が確実であるのに、死体が発見されない場合に、取り調べをした官公署が死亡地の市町村長に死亡を報告し、戸籍に死亡が記載されます。(戸籍法89条)戸籍に記載された日時に死亡と推定され、相続が開始します。これを認定死亡といいます。

 

理由は様々だと思いますが、突然消息を絶ってしてしまう方がおられます。また、戦争や事故などにより生死不明となる方もおられます。そのような方の財産がいつまでも処分できないとなると、不都合が生じますので、法律上死亡したこととして、財産を処分することができるようにしているのです。

 

大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成は行政書士岡澤綜合法務事務所

 


ブログ記事が気に入ったら投票お願いします↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

投稿日: 作成者: 岡澤

コメントは停止中です。

あなたの気持ちを前向きにサポートいたします

離婚や相続、遺言書など面倒な問題を抱えていませんか。こまごまとした書類作成をサポートすることにより、あなたの権利を守り、争いを未然に防ぎます。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員ですので、相続財産や様々な手続きについても安心してご相談ください。
メール相談は無料となっております。
お気軽にご相談ください。
このページの上へ