大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

配偶者の死亡後、その親族と縁を切りたい

婚姻をすることにより、配偶者の親族との間には姻族関係が生じ、配偶者の両親などの親族に対して扶養義務などが生じることになります。この姻族関係は配偶者が死亡しても自然に消滅するものではなく、姻族関係を終了したい場合には残された配偶者が姻族関係終了届を市町村役場に提出することにより、姻族関係を終了することができます。(離婚の場合には届け出ずとも姻族関係は終了します)

 

姻族関係が終了しても戸籍上の姓は影響を受けませんので、姻族関係終了届を提出しても婚姻時の姓のまま姻族関係を終了することになります。婚姻前の姓に戻りたいのであれば、別途、復氏届の提出が必要となります。

 

ちなみに、姻族関係が続こうが続くまいが、義理の両親が死亡しても残された配偶者には法定相続分はありません。死亡した配偶者との間に子どもがいた場合には、死亡した配偶者が相続するはずだったものを子どもが代襲相続することになります。

 

大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成は行政書士岡澤綜合法務事務所

 


ブログ記事が気に入ったら投票お願いします↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

投稿日: 作成者: 岡澤

コメントは停止中です。

あなたの気持ちを前向きにサポートいたします

離婚や相続、遺言書など面倒な問題を抱えていませんか。こまごまとした書類作成をサポートすることにより、あなたの権利を守り、争いを未然に防ぎます。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員ですので、相続財産や様々な手続きについても安心してご相談ください。
メール相談は無料となっております。
お気軽にご相談ください。
このページの上へ