大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成
menu

出産前の離婚、出産後の離婚、親権はどう違う?

妊娠中の離婚相談。子供のことでお悩みの女性は多いようです。

離婚前と離婚後の出産、子供の扱いはどのように違うのでしょうか??

 

離婚する前に生まれた場合

離婚をする前に子供が生まれた場合、その後に離婚して子供を引き取っても、子供はあなたの戸籍に自動的に入ることはありません。

別れたご主人の戸籍に残り、ご主人の名字を名乗ることになります。

子供の名字を変更したい場合には「子の氏の変更許可申し立て」がありますが、これは親権が無い場合にはできないので、離婚の際には親権を取っておくことが肝心です。

 

離婚した後に生まれた場合

離婚後300日以内に生まれた子供は、結婚中に出来た子供として扱われることになり、戸籍には夫婦の間に生まれた子供として記載されます。しかし、離婚後に生まれた子供はあなたの戸籍に入りあなたの名字を名乗ることになります。この場合の親権はあなたが持つことになります。

 

※あなたが親権を持つことなく子供を連れて離婚していたとして、そこに素敵な男性が現れ俗に言う「子連れ婚」をしたい場合に、再婚相手と15歳未満の子の養子縁組は親権者の同意がないと出来ないことも覚えておきましょう。

 

 

大阪の離婚相談・相続手続き・遺言書作成は行政書士岡澤綜合法務事務所

 

 


ブログ記事が気に入ったら投票お願いします↓↓
にほんブログ村 家族ブログ 離婚相談へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ

投稿日: 作成者: 岡澤

コメントは停止中です。

あなたの気持ちを前向きにサポートいたします

離婚や相続、遺言書など面倒な問題を抱えていませんか。こまごまとした書類作成をサポートすることにより、あなたの権利を守り、争いを未然に防ぎます。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員ですので、相続財産や様々な手続きについても安心してご相談ください。
メール相談は無料となっております。
お気軽にご相談ください。
このページの上へ